COLUMN

食べ終わった葉しょうがの茎の使い方

風鈴・枝豆・谷中しょうが。が夏の風物詩と言っていた友人がいました。
縁側で風鈴の鳴る音聞きながら、枝豆と谷中しょうが。涼しい風を感じられそうです。

夏の定番『葉しょうが』地名の入っている『谷中しょうが』の方がおなじみでしょうか。
こちらの『地下茎』の部分はお味噌をつけたり、甘酢漬けにしたり、天ぷらもおいしいのですよね。
根しょうがに比べると辛みが柔らかく、生でもおいしくいただけます。
食べ終わった緑色の部分。炒めて食べるのにも固いし・・

そんな時には2つ方法があります!

Img 1375

①冷蔵庫にいれる!脱臭効果あり。
 茎を束ねて冷蔵庫へ。いやな臭いを取る効果があるそうです。
②お風呂へいれる!体をあたためてくれます。
 そのままいれると排水溝など詰まるおそれがあるので、私はふきんでくるっとつつんじゃいます。

夏は暑いけど、冷房がどこでも強めで、温度調節がうまくいかず、冷え症の原因にもつながります。
ただポンといれるだけですが、根ショウガのようにきつい香りはしません。
 

Img 1378

是非おためしあれ。
敏感肌の方は加減してくださいね。
お風呂に入れたら一回で破棄してくださいませ。

植物の力を借りてもいいですね!!

SHARE このページをシェア

  • TWEET
  • SHARE
  • LINEで送る
LATEST POSTS